静岡事務所

私たち稲垣公認会計士事務所に静岡事務所ができることとなりました。

静岡市で35年の歴史をもつ税理士事務所を、私たちが引き継がせて頂くこととなったのです。

11月30日に静岡で、正式に事業譲り受けの契約を締結してきましたので、今日はそのご報告と私の考えをまとめてみます。

私たちが、この税理士事務所を承継させて頂くことになったご縁は、私たちの事務所の役員の一人が、愛知県にお嫁に来るまでの間、その事務所にお世話になっていたことがきっかけでした。その事務所の所長が、ご高齢であり、かつ、親族に事業の承継者がいないことから、今回のお話となったわけです。

私がこの事務所を承継させていただくことを決心したのは、次の理由からです。

・今回の承継のご縁を作った私たちの事務所の役員が、恩師にご恩返しがしたいと強く思っていること。

・この税理士事務所の所長のお人柄が、とても誠実で実直であること。

・この税理士事務所に、私たちが信頼できるナンバー2がいらっしゃったこと。

11月30日の夜は、静岡の事務所のスタッフ全員が食事会を企画して下さいました。みなさん、誠実な人ばかりで、ここでも所長のリーダーシップとお人柄を再認識させて頂きました。

食事会の時、所長が淡々としたご様子であったのに対して、スタッフの方は、所長のご引退に対して少し感傷的になっていることも印象的でした。

今回の、事業の譲り受けに際して、私は以下のことを考えました。

・将来、私たちの事務所を、事務所内の人にしろ事務所外の人にしろ、誰かに承継する際に、承継を受ける人が、喜んで受けて下さるような事務所にしなければならない。

・私が引退する時にも、この所長のように、みんなから感謝してもらえるようにならなければならない。

・そして、私たちは、この所長の志を引き継ぎ、静岡事務所のスタッフの皆さんと一緒に幸せにならなければならない。

大変によい経験をさせて頂き、本当に幸せです。

私たちもベストを尽くしますので、皆様のご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

広告を非表示にする